FarmBot Wiki

Document, share, and discover FarmBot technology

User Tools

Site Tools


Sidebar

Translations of this page:

Home

Using the wiki

Contributors Guide

FarmBot Directory

Parts Directory

Farming Portal

Local Resources Portal

Problems solved

Improvements

Ideas

Members Directory


Other FarmBot Spaces

Forum

GitHub

FarmBot.org


Follow The FarmBot Project on Facebook, Twitter, and Google+

local-resources:japan:documentation-v1.2:z-axis-cable-carrier

Z軸ケーブルキャリア

ステップ1:ケーブルキャリアを準備する

すべてのスナップインタブ(訳注: ケーブルキャリアの内側の小さなパーツ群の事です。指で力をかけるとパチンと外せます)をz軸ケーブルキャリアから取り外します。 z軸ケーブルキャリアは、キット内の最短のケーブルキャリアで、37リンク(740mm)+エンドピースを備えています。

ステップ2:ケーブルキャリアの向きを決めます

z軸ケーブルキャリアがクロススライドとz軸に取り付けられる方向は1つだけで、エンドピースの向きによって決まります。下の画像を調べて、ケーブルキャリアの取り付け方法を確認しますが、現時点では取り付けないでください。

ステップ3:チューブと配線のレイアウト

ケーブルキャリアの取り付け方向を忘れずに、UTMケーブル、2つの液体/ガス管、カメラケーブル、およびz軸モータとエンコーダケーブルを開いたケーブルキャリアに置きます。すべての端は、次のようにケーブルキャリアの端からオフセットする必要があります。

  • チューブの端はケーブルキャリアの端から10cm伸びていなければなりません。
  • 裸線端(コネクタなし)のUTMケーブルの端は、ケーブルキャリアの端から10cm延長する必要があります。
  • カメラの端はケーブルキャリアの端から15cm伸びていなければなりません。
  • モーターに接続されている白いプラグの付いたz軸モーターケーブルの端は、ケーブルキャリアの端から100cm伸びていなければなりません。
  • エンコーダに接続する白いプラグが付いたz軸エンコーダケーブルの端は、ケーブルキャリアの端を100cm越えて延ばす必要があります。

構成は重要です!

ケーブルとチューブをキャリアに敷設するときは、ケーブルやチューブが互いに交差していないことを確認してください。もしそうなれば、タブに止めるのに苦労し、チューブを圧縮して空気/水の流れを止めてしまう危険があります。

ステップ4:いくつかのタブをスナップする

ケーブルキャリアの両端の3つのケーブルキャリアタブをスナップ留めし、ケーブルキャリアの中央部に5つをさらに広げると、アセンブリを取り付けるとケーブルと配管が所定の位置に留まります。現時点では、必要に応じてチューブやケーブルを調整することが困難になるため、すべてのタブをスナップする必要はありません。

ステップ5:クロススライドにケーブルキャリアを取り付けます

ケーブルキャリアアセンブリを慎重に持ち上げ、クロススライド上にドレープします。

ケーブルキャリアをクロススライドに2本のM5 x 45mmネジ、M5ワッシャ、M5ロックナット、およびケーブルキャリアスペーサブロックを使用して取り付けます。ネジはケーブルキャリアのエンドピースにしっかりと通されます。

ステップ6:垂直ケーブルキャリアサポートを取り付ける

2本のM5×10mmネジとM5ティーナットを使用して、5本の垂直ケーブルキャリアサポートをz軸押出部に取り付けます。図示のように、押出しに沿って支持体を均等に配置します。

ステップ7:ケーブルキャリアをz軸に取り付ける

2本のM5 x 16mmネジ、M5ワッシャー、M5ロックナットを使用して、ケーブルキャリアを最も低い垂直ケーブルキャリアサポートに取り付けます。ネジはケーブルキャリアのエンドピースにしっかりと通されます。マウントはUTMから約100mm以上離れている必要がありますが、ケーブルの取り付けを補助するために必要に応じて位置を調整することができます。

ステップ7(原文ママ):z軸モータおよびエンコーダケーブルに給電する

z軸モータおよびエンコーダケーブルを垂直ケーブルキャリアサポートのスロットに通し、z軸モータマウントのスロットに通します。

z軸モータとエンコーダにケーブルを接続します。

ステップ8:垂直モーターハウジングを追加する

2つのM5×10mmのネジとM5のティーナットを使用して、垂直モーターハウジングをz軸押出しに取り付けます。

ステップ9:残りのタブをスナップインする

すべてがうまくいけば、残りのケーブルキャリアのタブをスナップインして、ケーブルとチューブの構成を維持してください。

調整は容易ではありません

残りのタブをスナップインすると、タブの大部分を先に取り外すことなく、ケーブルとチュービングの調整が不可能になります。あなた自身のために余分な仕事を作らぬようにすべてが適切な場所にあることを確認してください。

local-resources/japan/documentation-v1.2/z-axis-cable-carrier.txt · Last modified: 2017/08/20 10:30 by ms2sato