FarmBot Wiki

Document, share, and discover FarmBot technology

User Tools

Site Tools


Sidebar

Translations of this page:

Home

Using the wiki

Contributors Guide

FarmBot Directory

Parts Directory

Farming Portal

Local Resources Portal

Problems solved

Improvements

Ideas

Members Directory


Other FarmBot Spaces

Forum

GitHub

FarmBot.org


Follow The FarmBot Project on Facebook, Twitter, and Google+

local-resources:japan:documentation-v1.2:wire-up-the-utm

UTMの結線

ステップ1:UTMケーブルにUTMカバーを通します

コネクタのないUTMケーブルの端を、UTMカバーの中央のグロメットに押し込み、ケーブルの外側の灰色のゴムがカバーの下に約5cm伸びるようにします。

丁寧に行いましょう

グロメットとケーブルの間に摩擦や隙間ができないため、これを行うのは困難です。丁寧に、時間をかけて行いましょう。石鹸水は、ケーブルがより容易に滑りやすくし、1日以内に乾燥します。

UTMケーブルの各細い線には小さな白いテキストが付いています。電線をファンから外し、1から12の順番に並べます。

ステップ2:チューブをUTMカバーに通します

真空チューブをUTMカバーのFarmBotロゴに最も近いグロメットに押し込み、カバーの下に約10cmのチューブがくるようにします。

UTMカバーの取り付けフランジに最も近いグロメットに水チューブを押し込み、カバーの下に約10cmのチューブがくるようにします。

UTMカバーの残りのグロメットにUTMカバープラグを挿入します。このポートは、必要に応じてFarmBotの機能を拡張するために使用できます。

ステップ3:チューブを取り付ける

真空チューブと水チューブをUTMの対応する棘にスライドさせます。

ステップ4:UTMの配線

UTM上のM3ネジに各UTMケーブルワイヤを固定するには、ジップタイを使用して、下のピンマッピングテーブルに従って固定します。銅線はネジ山と良好に接触しなければならない。

ピンマッピング

拡張の余地

現在、12本のワイヤー/ UTMピンのうち4本だけがマップされています。これは、現在利用可能なFarmBotツールでは、これらの4つのピンが機能するだけで済み、他の8つのピンは必要に応じてマップする準備ができているためです。 USB、I2C、またはPWMベースのツールを夢見る?あなたのFarmBotの能力をあなた自身のカスタムツールですぐに拡張してください!

UTM Pin/UTM Wire is connected to and used for
A/1 Ground (0V) on Arduino/RAMPS グランド
B/2 +5V on Arduino/RAMPS ツール検証
C/3 Pin D63 on Arduino/RAMPS - Digital-In ツール検証
D/4 Pin D59 (A5) on Arduino/RAMPS - Analog-In 土壌センサーおよびその他のアナログ信号ツール
E/5 選んでください 望みのままになんでも
F/6 選んでください 望みのままになんでも
G/7 選んでください 望みのままになんでも
H/8 選んでください 望みのままになんでも
I/9 選んでください 望みのままになんでも
J/10 選んでください 望みのままになんでも
K/11 選んでください 望みのままになんでも
L/12 選んでください 望みのままになんでも

ステップ5:UTMカバーをスライドさせます

UTMのカバーをUTMの上部と同じ高さになるまでチューブとケーブルの下にスライドさせます。ワイヤーやチューブが抜けていないこと、およびケーブルとグロメットの間にシーリングがあることを確認してください。

ステップ6:Z軸にUTMとカバーを取り付ける

UTMカバーとUTMをz軸押出しに配置します。取り付けフランジは、押出の背面に配置する必要があります。 UTMの底面は押出の底面と同一平面上にあり、UTMカバーの底面はUTMの上面と同一平面上にある必要があります。 3mmの六角ドライバで4本のM5ネジをすべて締めます。

うわー!

あなたはたった今FarmBotを構築するので最も退屈で間違いなく困難な部分を完了しました。深呼吸をし、ストレッチを行い、スナックをつかんでください - それに値するでしょう!

local-resources/japan/documentation-v1.2/wire-up-the-utm.txt · Last modified: 2017/07/01 09:20 by ms2sato