FarmBot Wiki

Document, share, and discover FarmBot technology

User Tools

Site Tools


Sidebar

Translations of this page:

Home

Using the wiki

Contributors Guide

FarmBot Directory

Parts Directory

Farming Portal

Local Resources Portal

Problems solved

Improvements

Ideas

Members Directory


Other FarmBot Spaces

Forum

GitHub

FarmBot.org


Follow The FarmBot Project on Facebook, Twitter, and Google+

local-resources:japan:documentation-v1.2:cross-slide-assembly

クロススライドの構築

Info:1時間

これは、クロススライドの組み立てに要する時間です。

Step.1 ガントリーに V-Wheels を取り付ける

4本のM5×30mmネジ、M5ワッシャー、M5ロックナットを使用して、通常の6mmスペーサー付きの4本のVホイールをクロススライドプレートに取り付けます。

Attention:図のようにクロススライドプレートの正しい側にV-Wheelsを取り付けてください。

3本のM5×30mmネジを使用して、3本のV-Wheelsを6mm偏心スペーサーで取り付けます。 V-WheelsはM5ワッシャーとM5ロックナットで固定してください。

Step.2 Z軸 V-wheels を追加

あなたが今までに追加したすべてのV車輪があなたから離れているようにクロススライドを裏返しにします。

2本のM5×30mmネジを使用して、通常の6mmスペーサーの 2本のVホイールを図示の穴に取り付けます。 M5ワッシャーとプレートの反対側のM5ロックナットでこれらのホイールを固定します。

3本のM5×30mmネジを使用して、3 本のV-ホイールを偏心した6mmスペーサーで取り付けます。 V-ホイールはM5ワッシャーとM5ロックナットで固定してください。

Step3. delrin leadscrew blockの取り付け

(訳注: 実際の製品についているラベルには「delrin leadscrew block」ではなく「Nut Block」と書かれているかもしれません https://genesis.farmbot.io/docs/drivetrain#section-leadscrew-block

2つのM5ロックナットをdelrin leadscrew blockの六角形のカウンターボアに挿入します。 ロックナットとdelrin leadscrew blockが面している状態で、あなたの向いているクロススライドプレートの側面に取り付けます。 プレートの反対側から2本のM5×16mmネジを使用してブロックを固定します。

Step4. ステッピングモータを取り付ける

ステッピングモーターを水平モーターハウジングに挿入して、モーターとエンコーダーのコネクターがハウジングの開口面から下になるようにします。

4本のM3 x 10mmネジを使用してステッピングモーターとモーターハウジングをクロススライドプレートに取り付けます。

オリエンテーションが重要 モーターとハウジングは、デルリンのリードスクリューブロックと同じスライドスライドプレートの側にあり、モーターとエンコーダーのコネクターは、デルリンのリードスクリューブロックの方に向けてください。

GT2プーリーをステッパーモーターシャフトにスライドさせます。 両方の止めねじがモーターシャフトのフラットスポットと並んでいることを確認します。次に、2mmドライバで止めねじを締めます。

Step.5 長いケーブルキャリアサポートを追加

2本のM5×16mmネジ、M5ワッシャー、およびM5ロックナットを使用して、長いケーブルキャリアのサポートをクロススライドプレートに固定します。 ブラケットは、モーターとプレートの反対側に配置する必要があります。

Check:おめでとう!

これで、クロススライドの組み立てが完了しました。

local-resources/japan/documentation-v1.2/cross-slide-assembly.txt · Last modified: 2017/08/19 02:35 by ms2sato